いじめ被害者支援

いじめ被害者支援

内容証明郵便作成

 

 

 文部科学省は「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」により、いじめが発生したときの学校の対応や調査方法を公表しています。

 

 しかし、学校等の閉鎖的な環境で発生するいじめは被害者自身が声を上げることは非常に難しく、いじめられている本人も気づかれたくないと思っている場合もあり、身内の人間でもその事実に気が付かないことが少なくありません。

 

 こうしたいじめの表面化しづらい性格上、学校側がいじめ発生の事実を認識できなかったり、事実確認に時間がかかるため、その間にいじめがエスカレートしてしまうことも少なくありません。

 

 いじめられている状況からすぐにでも抜け出すためには、しっかりと自分の権利を主張する必要があります。この権利主張の方法として行政書士の内容証明郵便業務をご利用いただけます。

 

 内容証明郵便は、裁判における証拠にも使える書面で、いじめ行為に対して直ちに中止することを求めるものです。

 

 書面の内容は、相手方のご家族に中止を求めたり学校に対応を求めたりと、状況に応じて解決のための最善ルートを計画し、各種法律に照らしながら書面を作成します。

 

 また、いじめは暴行罪や傷害罪、名誉棄損罪や侮辱罪といった犯罪行為となる場合もありますし、精神的苦痛を受けたとして相手に損害賠償を求めることができる場合もあります。

 

 こうした犯罪行為の中止を求めたり損害賠償を求めたりする場合も、内容証明郵便をご利用いただけます。

 

 

業務進行

 

ご依頼者様

ご相談

当事務所

ご相談内容と関係法令の確認調査

ご依頼者様当事務所

打ち合わせ

当事務所

内容文書の仮案を作成

ご依頼者様

作成した仮案のご確認

当事務所

内容修正

※状況に応じて、解決に最も近づく書面をご提案させていただきます。

ご依頼者様

内容の最終確認

当事務所

内容証明郵便発送

当事務所

内容証明郵便の謄本をご依頼者様にお渡し

 ご依頼者様当事務所

内容証明郵便発送後の状況に応じて打ち合わせ

 

 

 行政書士の内容証明郵便業務は単なる代書業務ではなく、書面作成を通じてお客様と二人三脚でお困りごとを解決に導くイメージの業務となります。